2016年10月25日

役割分担が必要な理由

プロの演劇公演はスポンサーがお金を出してくれます。
そのお金は、演出家、制作、音響、照明、映像、大道具、小道具、衣装など
機材や材料費、製作費として、また、そのスタッフに支払われます。
もちろん役者にもギャラが支払われます。
会場費や宣伝費も必要です。
チケットの売上げについては主催者の利益になったりします。
スポンサーは慈善事業でやっているわけではなく、
1,000万円分の広告効果があると判断したら1,000万円のお金を出します。

一方のアマチュアの演劇公演は仕組みから違います。
まず、お金を出してくれるスポンサーがいません。
5,000円、1万円という広告を出してくれる会社やお店はありますが、
当然その金額で公演を打てるわけもなく、団員の月々の会費や
チケットの売上げでなんとかやりくりします。
プロの制作スタッフを雇うお金などはなく、音響、照明、映像などは
ボランティアや団員、他劇団や演劇仲間の手伝いで回します。

演劇の公演をするには、無限とも思える準備項目があり、
プロであれば制作スタッフが行ってくれることを、
自分達で役割分担をしてやる必要があります。
この役割を担うのは役者である団員たちです。
会社での仕事や学校の勉強、バイトなどをこなしながら、
稽古を重ねて役づくりをし、更に公演の準備をしていきます。
無料の公演であればまだしも、
安い金額でもチケットを買ってもらう有料公演の場合、
公演に足を運んでくれたお客様に質の低い芝居を見せる訳にはいきません。
「一生懸命にやりました!」ではダメなんです。
面白いかどうかは観た人それぞれの感じ方なので万人受けは無理ですが、
きちんと稽古を重ねた結果を見せなければ納得してもらえません。
愛とか友情とか勇気とか平和とか・・・
伝えたいことを芝居を通して伝えるのが役者です。

話を少し戻しましょう。
芝居を通して何かを伝えるために稽古をするわけですが、
先ほども書いたように
アマチュアには役者以外にやらなければならないことがたくさんあります。
会場の手配、パンフレットの制作、それに付随する様々な情報の管理や
テキスト情報の入力、大道具、小道具、衣装の製作、
お手伝いしてくれるスタッフの確保、連絡、調整、
音響・照明のきっかけ表(または台本)作成、
当日のスタッフ用弁当やお茶の手配などなど色々たくさん、
そして、それらをまとめた資料の作成も必要です。
これらが得意な人、そうでない人といますが、
得意な人が一手に引き受けてしまっては、その人が役づくりができません。
そこで必然的に役割を分担することになります。
役割を分散することで一人ひとりの負担を減らし、
役づくりに集中できる時間を増やすことは、
最終的な芝居の質を上げることに繋がります。

「役者をやりたくて劇団に入ったのだから、余分なことはしなくない。」
という人は、アマチュア劇団に居てはいけない人です。
演劇に限らず、質の高いものを目指すならば、
それに関わるすべてのことを、好きか嫌いか、得意か不得意か、
そんなことは関係なく、受け入れなければならないのです。


『老婆の休日』公演初日まであと18日。
マルクの役者兼スタッフは準備に追われつつ、
芝居の質を高めるために毎日頑張っています。





posted by fukuda at 15:28| Comment(4) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月24日

大道具製作

この週末も大道具製作〜稽古と忙しく活動していました。
自分達が立つ舞台セットを造るのも劇団員の重要な仕事です。
マルクの大道具製作では女子の活躍が目立ちますね。






posted by fukuda at 08:55| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月17日

『トモと生きる』

稽古の様子を取材に行けず紹介できませんでしたが、
劇団ザ・マルク・シアターでは『老婆の休日』と同時に
もう一つ芝居づくりをしていました。

創作古代劇 ぐんまの物語 『トモと生きる』

渋川市の小学生たちと一緒に創った作品です。
黒井峯遺跡で行われた第5回古代東国文化サミットで上演しました。
上演時間は25分。
公演は1回です。

肖像権の関係もあるのでこちらで動画を公開できませんが、
子どもたちの顔が分かりにくい写真をいくつか載せておきます。

001.jpg005.jpg006.jpg008.jpg


『老婆の休日』公演まで残り26日。
MARUKU MOVIE CHANNELでは公演まで稽古の様子を取材します。








posted by fukuda at 18:14| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月13日

女傑三大演出家

県内で演劇に携わっている人ならば面識はなくても名前は知っている!
『老婆の休日』はそんな三人の女性が演出しています。
演劇に対して自分のスタイルを持っている人たちであり、
演出方法も様々だろうとは予想していました。
そして、実際に稽古場に足を運んでみるとやはり違いました。

・生方脚本を忠実に表現する
・とことんまで脚本を読み込み、役者に解釈をさせる
・脚本を書き換える

芝居を創るプロセスは違っても、観客に伝えるという目的は同じです。
昨夜は稽古場を2ヶ所回りましたが、
違う演出家が同じ方法で指導している場面に遭遇しました。

“とにかく大声で台詞を叫ぶ”

「黄色のリボン」
 シュプレヒコールのように右手の拳を突き上げながら台詞

「東京ラプソディーを聴きながら」
 海に向かって叫ぶように台詞

どちらも役者のポテンシャルを引き出すために指示を出しているように
自分にも思えましたが、確かなことはわかりません。
役者が本番までにどうつくってくるのか楽しみです。

公演まで残り30日。
充分な期間があるように思うかもしれませんが、
アマチュアにとって期間はあまり意味を持ちません。
稽古できる「時間」が重要で、本番まで最大で50時間程度です。
このうち20時間は、「黄色のリボン」、「こんにちは」、
「東京ラプソディーを聴きながら」そして「老婆の休日」での
全体練習に充てられることになりますから、
各チームに与えられた時間は30時間程度です。
この時間は単純に稽古場を借りている時間を足したものなので、
純粋な稽古時間はもっと減るでしょう。

メイキングビデオを撮りながら劇団ザ・マルク・シアターの
稽古を見てきた自分としては、これからが一番楽しい期間です。
これまでの何倍も集中して稽古をする役者の姿が見られますからね。









posted by fukuda at 14:48| Comment(0) | 稽古 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月11日

TEAM「こんにちは」

朝から晩までみっちり稽古な体育の日。
「こんにちは」チーム、実は全員揃ったのは今日が初めて!
午前中に台本の頭の部分の稽古を少しだけ見せてもらって、
20時過ぎにもう一度稽古場に行ってきました。
かなり集中してやっていたようで、いい感じの仕上がりが想像できました!

いろいろとまぁ見せられない部分も多いので、
ショートバージョンですが、インタビュー収録してあります。







posted by fukuda at 00:14| Comment(0) | 稽古 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月06日

ネタばれ上等!

ネタばれ?
ミステリーじゃないから大丈夫です!

役者インタビューあります。


posted by fukuda at 12:22| Comment(2) | 稽古 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月29日

お笑いを捨てる!

近年のマルクのお笑いを担ってきた田村美貴(みきてぃ)が、
今回の『老婆の休日』から、お笑いを捨てる!宣言をしました。
入団以降本人の意思とは関係なく、
その言動・行動からお笑い担当になってしまったのですから、
捨てるも何もないと思うのですが・・・(笑)



シリアスな田村美貴に期待しましょう!






posted by fukuda at 10:12| Comment(0) | インタビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月21日

残り52日

52日後は舞台の上に立ってます。

8/3〜9/17 写真ピックアップ
001.jpg002.jpg004.jpg003.jpg005.jpg006.jpg007.jpg008.jpg009.jpg010.jpg022.jpg012.jpg011.jpg014.jpg015.jpg013.jpg016.jpg018.jpg017.jpg019.jpg






posted by fukuda at 15:04| Comment(0) | 稽古 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月20日

大道具製作

先日の大道具製作の動画です。
この日、つくっていたのは、XXXXXXXXXでした。

『老婆の休日』では芝居の内容にマッチさせた
シンプルなセットになるようです。







posted by fukuda at 19:44| Comment(0) | 稽古 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月17日

大道具製作〜稽古

本日の劇団ザ・マルク・シアターも活発に活動しました。

大道具製作
17-1.jpg17-2.jpg17-3.jpg17-4.jpg


「東京ラプソディーを聴きながら」
前回に引き続き、徹底的な脚本の読み解きです。
自分が演じるのはどんな人物なのか?どんな想いで生きているのか?
17-5.jpg17-6.jpg17-8.jpg17-7.jpg


「黄色のリボン」
こちらも前回に引き続き、カラダづくりと発声です。
17-9.jpg17-10.jpg17-11.jpg17-12.jpg

他にも、本チラシとチケットの印刷あがって納品されたり。
各チーム、各担当者が公演に向けて活動しました。




posted by fukuda at 20:53| Comment(0) | 稽古 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする